債務整理をするとどうなるの?

 

債務整理をする際に、いったいどの手段を選べばよいのだろうか、と悩むかもしれません。殆どの人が弁護士に相談され、弁護士の勧められるままの手段を選択されるかと思われます。ですが、ある程度はどの手段を選ぶのか、勧められるのかを知っておいても損はないかと思います。まず本来であれば法律事務所の口コミや評判をチェックして担当する法律事務所を決める事が大切ですが、今回は借金ごとにどのやり方が適しているのかを紹介したいと思います。

過払い金請求について気を付けたい事

まず最初に、過払い金請求についてですが、これを行う方の殆どは、もうすでに借金を返済された方が多いです。デメリットはほぼありません。返済後10年以内ならば払い過ぎた金利の金額を払い戻すことが可能なため、これを借金返済と同時に行われる方は少ないです。ですが、これを借金返済と同時に行うやり方があります。それが、任意整理です。任意整理を選ばれる方の借金のタイプは、収入は安定しているけれども、かなり長い期間返済をしているタイプです。特に前述した過払い請求を同時に行うのは、2010年以前からお金を借りている場合です。法律がいろいろと変わったことが理由ですが、詳しくは省きます。長い期間のうちに高まってしまった金利も、今後増えるであろう金利も抑えて、殆ど元金の状態で返済をすることが可能になるので、長期間返済型の借金には、勧められる可能性が高く、最も多い債務整理だと言われています。過払い金請求だけで借金問題を解決する事が出来る可能性もありますので必ず担当の法律事務所に聞く事にしましょう。

自己破産で気を付けたい事

次に自己破産です。こちらは収入も期待できず、今後も借金返済の目途が立つことがない方に勧められる、債務整理の最終手段です。借金の免責はかなり大きなメリットのように思われますが、その分財産を失うことが考えらえれるので、かなりのデメリットもあります。特にこの手続きを行うときには慎重すぎるくらいに評判を調べ、良い法律事務所を探すことが重要となります。こちらは本当に借金の金額が大きすぎる人、ないしは失業して多額の借金まで背負ってしまった方に高確率で勧められます。

個人再生で気を付けたい事

最後に個人再生ですが、デメリットは多少大きいです。こちらも借金の額が大きすぎるタイプに勧められる点は、自己破産と同じです。ですが、個人再生の場合は一定の収入が期待できること、ギャンブルなどで膨れ上がった借金でも減額可能な事、借金を五分の一に減額すること、と言ったように自己破産と比べれば大きく違います。ギャンブルなどで膨れ上がったタイプの借金には主にこの個人再生が勧められることが多いようです。

以上のように借金の種類、現在の利用者の状況によって、適した債務整理のやり方というものがあります。もちろん、説明はかならず弁護士の方が行ってくれるでしょうが、あらかじめ内容を知っておき、自分はどのやり方が合っているのかを考えておくと、自分が損をしないように準備ができるかもしれません。

自己破産についてもっと詳しく知っておこう

自己破産をしようかな、と思っている方、もう自己破産をするしかないと思っている方、ちょっと待ってください。まず自己破産はデメリットが一番大きい手続きです。自己破産はあくまで最終手段です。手続きは慎重にしなければ免責がおりない可能性すらありますので評判の良い法律事務所を知っておくことは絶対に必須になります。持っている財産のうち、20万円以上の価値があるとされる財産を手放すことになるかもしれませんし、今後10年間はクレジットカードもキャッシングも不可能になってしまいます。確かに、借金の帳消しは他ならぬ大きなメリットとなるでしょう。しかし、容易に自己破産をしてしまうと決めてしまえば、もしかしたら、手放す必要のなかった財産までも手放してしまう場合もあります。また、実際にはまだまだ借金を自分の手で返済できる可能性もあります。もしかしたら、借金を払い過ぎているかもしれませんし、今後の利息を考えてみると、不当な金利を取られるような気がして、自己破産という結論に至ってしまっている可能性も十分にあり得ます。一度、別の手段を考えてはみませんか?

債務整理にはもちろん自己破産以外の方法があります。前述した心配があるのであれば、オススメなのは任意整理です。ブラックリストに載ってしまうのですが、こちらの場合はわずか5年間の間だけですので、自己破産の半分程度の期間で済みます。また、過払い金を見つけてもらえば、臨時収入として手元に戻ってきます。自己破産を申告してしまえば、そのお金でさえも戻ってきません。もしかしたら、そのお金を再び返済に充てることができれば、借金の返済がかなり楽になる場合もあり得ます。また、今後の金利も減らしてもらえる可能性もあります。また、作業の殆どは、主に行政書士や弁護士の方々にしていただけるので、負担は少なく、周囲の人達に知られてしまう心配もありません。また、自己破産をしたくとも、職業柄不可能な場合もあり、そのような方々にはこの任意整理がぴったりです。また、任意整理を弁護士などに依頼した段階で督促や催促をすぐに止めてもらうことも可能です。もしも、そのようなことで気に病んでいる方がいらっしゃれば、オススメの方法です。

中には任意整理をするよりも自己破産をしてしまった方がいいケースも存在します。ですが、まずは何よりも弁護士や行政書士の方に一度相談することをオススメします。一人で悩んで、考えた挙句に自己破産をするよりは、専門の第三者を挟んで自分がどうすべきかをきちんと相談すれば、自己破産以外のやり方を勧めてもらえることもあります。早急に決着を付けたいと思われるかもしれませんが、急がば回れと言いますし、相談しておいた方が、必ず自分のためになりますので、重ねてオススメしておきます。

参考サイト

自己破産の申し立てを考えられている方へー裁判所ー

http://www.courts.go.jp/nagoya/saiban/tetuzuki/l4/Vcms4_00000280.html

法律事務所の口コミと評判ー債務整理デメリット.jp-

http://xn--9ckhe2hxb1006avedy62cfo1a.jp/a_law_office/